ゲイの家づくり

with 三菱地所ホーム

カテゴリ: 仕様決め

DSC_0223
今日ついに、仮契約をしてきました。
土地がまだ(でも、なんとかなりそうらしい)という状況で、当然見積もりも仮ですが、ここまできて、土地がキャンセルになっても、おそらく三菱地所ホームで建てるというのは変わるまいと思ったので、仮契約をしてきました。
営業さんも、そのほうが上司に顔が立ちそうだったし、 自分たちも宙ぶらりんでいるよりは、ちょっと気持ちが落ち着きました。

しかし、予定通りなら、ここから2か月半で、全部の仕様を決めないといけないはず。
ちゃんとできるのか、後悔しつつ終了となるのか、新たな不安を抱え込んだのでした。

 

このブログは、これから建てる人の参考になればと思って記録してることもあるので、坪単価も参考になればと思って書いてしまいます。

現状値引き後で、三菱地所ホームの標準的な仕様で、プラス事前の打ち合わせ段階でこれは必須ですよと言ったことは盛り込んでた状態で、延床面積に対する坪単価で75万というところです。
オール電化で、太陽光は乗せてません。もちろんエアロテックなので、空調込みです。
諸費用、各種引込工事、外構費などは別です。

お手洗いが最初からタンクレスとか、床材もプリント合板じゃなくて突板とか、三菱地所ホームの標準はこれが最低ラインっていうよりは、普通に注文住宅で建てるときに期待するレベルという感じで設定されてるので、 そういう意味ではリーズナブルな価格だと思います。

しかし、当然ながらここからオプションの嵐です。
すでに、キッチンはこれじゃいや、お風呂はいまのマンション(天然石使用で高そう)と同じくらいのがいい、洗面台はダブルシンクでないと、ドアとか門はもっと凝りたい、といろいろ出てきてるので、相当上がりそうです。
営業さんも「いまのお話聞いてると、少しでも予算に余裕があったほうがいいと思うので、5万10万でも、もう少し値引きできないか、上司に相談してみます」と言ってくれたくらいなので、かなり厳しい感じなんでしょう。 

とりあえず、当面は好きなだけオプションを積み上げて、出てきた見積もりを見て、意気消沈しながら削っていくってことになると思います。
 

今のところ、水回りは、キッチンとお風呂がハウステック、お手洗いと洗面台がLIXILという構成になってます。

三菱地所ホームの場合、本体部分がけっこう高いと思うので、どうしてもこういう設備関係はなるべくお得感の出るものという感じになってしまうのでしょうが、新築に夢を見てる大部分の人は、ここでかなりガッカリなんじゃないかと思います。

希望としては、キッチンはパナソニック、お風呂は日ポリ化工かTOTO、お手洗いはTOTOかLIXIL、洗面台はパナソニックというところでした。
たぶん、バラバラよりはまとめたほうが、値引きがあるんじゃないかなー?と思うので、最終的に全部パナソニックとかでもいいかなと思ってました。

ところが、大手メーカーならそんなに機能的にはどこになっても変わらないと思ってたら、大間違い。
とりあえず、パナソニック、TOTO、LIXILのショールームに行ってみてわかったのは、パッケージでできることとできないことの差が、けっこうあるってことでした。
どっちかというと、TOTOは決まりがわりと多くて、パナソニックは寸法のカスタマイズとか、収まりを良くする部材とかが豊富。LIXILは中間という感じです。

そして、お風呂はOのほうが「これにしたい!」と言ってたシンラですが、実物を見に行ってみると、浴槽が微妙に小さいことがわかりました。お風呂のサイズは、いまのマンションを同じ1620を予定してるのですが、同じサイズでちょっと足が今のマンションより窮屈なんです。
同じTOTOでも、1717というサイズの設定のあるサザナだったら、まあ大丈夫って感じ。
えー、これは微妙…。と思って、LIXILへ行ってみたら、こっちは1620の標準で今と同じくらいでした。
見た目とかは、ほとんど変わらないし、実際の寸法でも5cmかそこらしか違ってなかったので、ほんと微妙な差なんでしょうが、何でも実物見てみないとわからないもんだねーと言いながら、また選択で迷うことになるのでした。

パナソニックはお風呂の中まで入ってないのですが、さあどうでしょう。
 

他のところで圧迫されたら、水回りはもう標準でいいやってことになるかもしれないので、だいたいの心の準備はしておこうと思って、まずはハウステックのWEBでキッチンとお風呂を見ました。

で、いろいろオプション含めて見た結果「そんなに悪くないんじゃない?」という結論になりました。
これしかできませんよーと言われたら、そうですかと普通に選択できそうな感じ。
キッチンは、わりと他社と比べても見劣りしない機能を、いろいろ入れてきてるし、高さがなんと1cm刻みで選択できるという、工場がちょっと大変そうな選択肢もあったり。人造大理石シンクも選べるし、収納も引き出し式と扉式のどちらでも可。
唯一残念なのは、IHヒーターが日立製のみというところでしょうか。 

お風呂のほうは、最初に見たときに、カウンターの形状が変だったので、えー…と思ってたら、普通のもありました。
機能的には、一世代か二世代前という感じはしますが、壁パネルがアクセントパネルで一面だけ変えるのも、全面同じにするのもできるとか、そこそこがんばってるので、まあこれでもいいのかなと思えました。

しかしながら、LIXILの洗面台とトイレ。これはちょっと、納得いかない感じで、変更必須になりそうです。
洗面台は、まあ普通といえば普通なんですが、いかにもユニット持ってきて置きました的な、安っぽい感じが、ちょっと納得いきません。
トイレのほうは、タンクレスなんですが、後ろが昔の便器と同じようにくぼんでてカバーのない形状なんですよ。 実は、いまのマンションが、これと同じような形状のTOTOのなんですが、後ろが掃除しにくくて面倒だなーといつも思ってたので、これはもう絶対イヤです。

そんなわけで、良し悪しはありましたが、もうお金的にどうしようもなかったら、設備はあとからでもリフォームできるし、泣くことにしようかと思ったりするのは、やっぱり見積もりを見て弱気になってるからなんでしょうね。
 

キッチンは予定通り、TOTOでほぼ決まりました。
キッチン選びで迷ってる方も多いかと思うので、個人的にここがTOTOにした決め手!というのをご紹介しておきたいと思います。

1.浄水器カートリッジラック

これはもう紹介済みなのですが、きっとキッチンのシンク下が引き出し式の物を使ってる人は、わかってくれると思います!
普通はこれ、シンク下の奥の方へ立ててあるので、引き出しをめいっぱい引っ張り出して、不自由な姿勢で取り出すか、引き出しをはずすかしないと、交換できないんですね。
TOTOはいち早くこれをラックに格納!いまの時点ではこれを採用してるのはTOTOだけなので、毎回引き出しのレールが壊れないかドキドキしながらはずしてた自分としては、もうこれでTOTOしかない!という気分です。

2. パックンポケット

某社の「らくパッと収納」といっしょのように思ってたんですが、よく見るとシンク手前が収納になってるんですね。確かに輪ゴムとかキッチンばさみとか、すぐ取り出せるところにあると便利かも…。
正直、包丁とまな板がすっと取り出せる「らくパッと収納」と迷ったのですが、ショールームで使ってみて、がたつきとかが少なくてすぐ壊れそうじゃないほうを選びました。

3.収納じゃない蹴込み
一時、床まで収納っていうのが、けっこうあったように思うのですが、TOTOはかなり下のほうまで収納ですが、蹴込み部分は確保してあります。それは、キッチンマットを敷いても、引き出し収納がひっかからないように!聞いたとき、へー!って感じでした。

4.水ほうき水栓

これもけっこう、コロンブスの卵的発想だと思いました。洗い物とか、水の出る範囲が広ければ、持った手をくるくる回したりせずに済んで、楽々ですからね。あと、一時止水がボタンで簡単にできるのも、個人的には便利だと思いました。タッチレスは思ってもみない時に出たりしてイラっとするんじゃないかなーと思ってたので。

以上、個人的にTOTOのキッチンがいい!と思った理由でした。
なんでそんな変な機能ばっかり気にするの?って感じかも…と、ちょっと思ったりしたんですけどね。
 

このページのトップヘ