ゲイの家づくり

with 三菱地所ホーム

カテゴリ: まとめ

もうじき今の家も満二年になるので、そろそろ家づくりブログもまとめの時期かなと思ってるのですが、じゃあ家づくりを経験して、これから建てようとしてる人に今だったらどういうアドバイスをしてあげたいかというと、まず予算が限られてるからと自分好みの家づくりを妥協しなくてもいいですよということを、最初に言っておきたいような気がするのです。

家を建てましょうとなるのは、やっぱり第一に必要だからというのがあると思います。そうすると、予算が十分に確保できない場合があったり、自分たちなりに頑張って貯金したけど建てるにはギリギリという場合もあるでしょう。
そんなときに、自分はこんな家がよかったんだけど、予算もないし、メーカーの基本プランの中から選んで、設備仕様も標準にしておくのがいちばん安いから、もうこれでいいやと、あきらめてしまう人もいらっしゃると思います。

でも実際には、大工手間の範囲内でわずかな追加料金や、場合によってはただでやってもらえるようなことって、わりと多いんですよ。
たとえば、上がRになった開口とか、角のRとかは、じつはそんなにすごく手数と部品が必要なわけでもないので、全体工事費用の中でやってくれる場合もあります。
あるいは壁紙を全部標準のものにする場合でも、部分で色を変えるとかはできますよね。アクセントウォールでおしゃれな雰囲気にするとか、標準の範囲内でもできます。
そういう造作系をぼくらの家の例でいうと、5,000冊が入る書庫で、追加料金は棚板代だけでした。
bedroom2_3
こんな大量の棚がほぼ標準の範囲内です。


キッチン、バスなどの設備をいいものにしたいと思うと相応の費用が必要になるのですが、他の住宅メーカーや工務店と比べて明らかに「ちょっとこれは…」と思うような設備を標準にしてるところは、そんなにないでしょう。そして、そこをちょっといいものにしても、細かな満足感はあるでしょうが、日々の使い勝手ではそんなに大きな差はありません。
そこで、設備仕様は標準にして、壁紙やちょっとした造作を凝ると、家としてはよほど違って見えるし、低予算でも自分好みの家にすることができます。

だから、家づくりは予算に関係なく、自分たちがどんな家に住みたいのか、よく考えてみることをお勧めしたいです。たぶん想定予算で制限のあるのは、広さとか設備とか立地だけなので、家の中は工夫次第でいくらでもおしゃれにもかっこよくにも快適にもできるはずなんですよね。

ただ、こういうことって、想像力も必要だし、時間もかかります。
そこのところを面倒がらず、いろいろアドバイスしてくれたり、事例を紹介してくれたりして、いっしょに考えてくれるような営業さんだったり、住宅メーカーだったりに当たるのが、家づくりではけっこう重要なことなんじゃないかなと、今になって思います。


何度か書いているのですが、ぼくらの家は、リビング部分が7~8畳大の吹き抜けになっています。
家づくりブログでも、吹き抜けは評価が分かれているように思いますが、住んでみて約2年の段階での結果としては、ぼくらの場合は採用して良かったです。
living1

というか、そもそも都心の狭小旗竿地なので、南側の隣家との間は1mあるかないかというところです。
これで吹き抜けじゃないと、1階にほとんど陽が射さなかったでしょうから、そんなに日光崇拝者じゃないぼくらでも、さすがにちょっとあんまりだっただろうと思います。
南側を吹き抜けにしてるので、お隣の屋根に邪魔されずに、陽が差し込んでサンルームのように居心地のいいリビングにすることができました。

でも、失敗したなと思っているところもあって、それは吹き抜けがクローズド空間になっているところです。
一般的には、吹き抜けに面して2階の廊下や、居室の開閉窓をつけるのでしょうが、ぼくらの家では居室のFIX窓があるだけです。
そうすると、相互に音がうるさかったり、においが上がって行ったりしないという点では良かったのですが、空気の循環という点では、どうしても暖かい空気が吹き抜け部分にたまりやすいと思うんですよね。
全館空調の家で、これはちょっと非効率だったのかなと思う一方、いまでも2階が暖かくなりやすいのに、これで吹き抜けの空気まで2階に行ったらもっと非効率だったかもとも思い、結果として比べることはできないので、なんとも結論は出ずというところです。
 
あと、吹き抜けの醍醐味って、下から上を見上げた時の天井の高さもあるのですが、上から下を見下ろした時の解放感というか、広がり感みたいなものもあると思います。
そういう点では、2階から見下ろせる吹き抜けのほうが、満足度は大きかったんじゃないかなと思ったりもします。

とりあえず、実際に住むとこんな感じというご参考までに。
 

いろいろ考えて建ててもらって、実際に住み始めて、さすがに2年近くなる今では当初の舞い上がりもいいかげん冷めてるのですが、じゃあ結果的に良かったポイントはどこなのか?を考えてみました。

1.来客用と家族用を分けた玄関
entrance1
入った正面は普通の上がり框、横の通路を回り込むと家族用の上がり框という間取りにしています。これはすごく便利で、家族用の玄関のほうはよく履く靴なんかは出しっぱなしでも、正面の玄関のほうさえ片づけておけば、いつ来客があっても平気です。
靴箱自体も客用玄関のほうにはないので、スッキリしました。
あと、うちはそんなにそもそも来客の多い家ではないので、想定外に便利だったのが、客用玄関を荷物の一時置き場にする使い方。宅配便が何個も来たとか、あとで組み立てるものとか、そういうのをちょっと置いておいても邪魔にならないので、便利です。

2.エアロテック(全館空調)
これはやっぱり、外すことができない、良かったポイントです。
まあ想定通りと言えばそうなのですが、家の中がどこでもちょうどいい温度になってるのは、生活してて楽です。しかも、光熱費は以前とほぼ同じなので、もったいない感もありません。

3.収納
それぞれの寝室にウォークインクロゼットを設け、さらに本は書庫に、楽器は防音室に置き、10畳ほどの小屋裏収納もあって、さらにパントリーなどの収納をいくつも作ったので、家の中にタンスのようなものがごくわずかしかない状態です。
部屋を広く使いたいとか、地震のときに危険を少なくしたいというのもあったのですが、とにかく物が納まるところがあると、片づけやすいし、日々の掃除がしやすいです。
Oのほうは、ずっと片付けを苦手にしていたのですが、この家に引越してからはそういうこともなく。入れる場所があればいいだけのことだったのかーと、納得しています。

ベスト3としては、こんなところでしょうか。
住めば慣れるので、設計時にはこだわってても実際にはどうでもよかったところとか、あんまり効果を感じないところもありました。
でもこの3つは本当に良かったと思ってるので、たぶんもう一度家を建てることがあったとしても、採用するだろうと思います。
 

知らない人が歩いてても誰も気にしない都心で、しかも人目からの死角の多い旗竿地ということで、ぼくらの家はそれなりに防犯には気をつけたつもりです。
今までバラバラと書いてはいるのですが、まとめると以下のような対策をしています。

1.オートロック門扉の設置
最近はオープン外構が多いので、門扉を設置しない家も多いと思いますが、あえて設置しています。
一時期、宅配便を装った強盗が何件も発生したことがあったので、荷物の受け取りは基本的に門扉をはさんで行うようにしています。何かあっても、一歩下がれば距離は取れるし、門扉越しに素早く武器などを出してくるのもスムーズではないと思うので、少し安心です。

2.鍵穴なしドア
ドアは鍵穴のないタイプを設置しました。
カバーで見えなくなっているだけで、実際にはあるのですが、泥棒はなるべく手っ取り早く仕事ができる家を狙うために、なんか面倒そうな家だなと思ったらやめておくらしいので、そういう抑止効果もあるかなと思っています。

3.メーター類は塀の外
電気や水道のメーターは、敷地の入り口に設置して、中まで入らなくてもチェックできるようにしました。
検針員の人を疑ってるとかじゃなく、検針を装った人が入ってこないためです。

4.開口部は2か所のみ
防音も兼ねて、ほとんどの窓で二重窓やFIX窓になっているのですが、1階はドアと裏庭への窓しか開きません。裏庭の窓も二重窓なので、外側のペアガラスを破って、さらに内側の防犯ガラスを破らないと入れない構造です。

5.防犯カメラの設置
死角になりそうなところに、防犯カメラを設置して、動くものがあるとセンサーで教えてくれるようになっています。
これ、稲妻とかネコでも反応するので、無駄にドキっとさせられることもあるのですが、まあないよりはあったほうが安心ですよね。

この中で、今のところ効果を感じてるのは、門扉だけです。最近、小口荷物の配達を請け負う業者さんが増えてるので、よく知らない配達業者さんだったりして、本当?と思うこともあるので。
あと、開口部が二か所しかないのは、前も書きましたが、寝る前とか出かける前のチェックが楽です。
 

住み始めた頃は、ここはもうちょっとこうすればとか、もっと違うと思ってたのに、という箇所もけっこうあったのですが、さすがに2年たつと、慣れてくるし、だんだんどうでもよくなってきます。
しかしそれでも、ああ失敗した…と見るたびに思う箇所もあるわけで。

1.カーテンボックス
図面にカーテンボックスがないなーと思ってたのですが、そんなこと言い出したら、廻縁も幅木も書いてないし、別に気にもしてなかったんですね。最終盤になって、カーテンボックスの長さはどれくらいなんだろう?と思って確認したら、ついてないと…。
あわててつけてもらうことにしたのですが、あとづけなのであんまり大きなものをつけるわけにもいかず、申し訳程度についています。
カーテン自体は、アジャスターをぎりぎりまで上げてるので、レールは見えなくなってますし、そんなにおかしいわけでもないのですが、なんとなくこれじゃない感が残ったまま、今に至っています。
前にも書いたのですが、掘り込みのカーテンボックスとかにしようと思ってる方は、天井の構造にも関係してくるので、早めに言ったほうがいいです。

2.トイレのニッチ
洗濯機置き場とかトイレとか、水道管が上がってくるところはニッチができがちですよね。
でも、ホコリがたまりやすいのでそういうところは作らないでとお願いして、設計の方も1階は覚えてたのですが、2階は忘れてたっぽいんですね。ぼくらも図面は見てて、2階のトイレにすーっと線が入ってるのも見てたはずなのにチェック漏れ。
仕方ないので、ちょっと飾り物を置いたりしていますが、こんなところに棚が…という違和感は残ってます。
IMG_20170119_110147
どうしたらいいのかわからないニッチ


3.裏から見た家
詳細は「のっぺらぼうの家」で書いたのですが、旗竿地なので竿状部分から見たところだけ何とかしておけばいいやと思ってたら、裏からのほうがよく見えて、しかも家の一番大きい側面部分がちょうど見えてるという状態。
近くによると、ああ見えないところに窓があったのかとわかるのですが、パッと見たところ、どうしてあんな壁だけの家を建てたんだろう?と思ってしまいます。

三菱地所ホームの場合、パースくらいは頼めば書いてくれますが、基本は平面図と立面図で見るしかないんですね。CGとかないです。そうすると、あとはもう想像の世界なので、ちょっとしたことに気づける機会が、大手メーカーと比べると少ないんじゃないでしょうか。
しかも、標準仕様しかできないわけじゃなくて、変えようと思えば変えられただけに、がっかり感も後を引きやすいように思いました。

 

このページのトップヘ