ゲイの家づくり

with 三菱地所ホーム

2014年09月

三菱地所ホームのインテリアセミナーに参加してきました。

三菱地所ホームの場合、インテリア・コーディネータの料金は、最初に払う設計料に含まれているので、内・外装の色や素材の相談や、候補の選定なんかをやってもらっても、その導入に追加の料金がかかるということはありません。
でも、ただでさえ本体価格の高い三菱地所ホームなので、コーディネートしてもらった内容を全部採用するかどうかは、また別問題って感じです。カーテンとかは自前で買ってきたい人もいるでしょうし、まして家具類なんかは三菱地所ホームを通さないで買う人のほうが多いんじゃないでしょうか。
だから、セミナーで少しでもインテリア関係の受注を上げたくて、やってるのかなー?と思いました。

セミナーは総合的なインテリアセミナーのほかに、カーテンや家具などでも個別に開かれています。
総合的なセミナーでは、内外装を決めていくときに、決めないといけないことがどのくらいあって、何を意識すればいいのかということを、ざっと教えてくれる内容で、これからいろいろ設計を決めていくときに、予備知識として知っておいた方がいいことが、多く含まれているということで、参加しました。

2時間でできる範囲なので、内容的には駆け足ですが、決めることがこんなにあって、ある程度先を見通して決めておかないと、最終的に思ったテイストでまとめられなかったりするよー、っていうことは理解できました。
また、メーカーの新製品や、最近よく使われるものなんかの紹介もあるので、へー!いまはこんなものがあるんだ!とか、あぁ確かに最近おしゃれなお店でこういうの見るけど家でも使えるんだ、みたいな内容もあって、そこそこためになりました。

会場は、赤坂ハウジングギャラリーのすぐ近くにある、インテリアサロンだったのですが、カーテンやら壁紙やらタイルやらの見本がもう山のようにあって、これは見始めたらきりがない!って感じでした。


こんな感じで

前に、三井デザインテックの同じようなところに行ったことがあって、そこのほうが規模は大きかったのですが、密度とか商品選びのマニアックさみたいなのは、こっちのほうが濃かったです。
いまはまだ、ハウジングギャラリーのほうで見本を見てる段階ですが、そのうちここでカーテンとかを悩むことになるんでしょう。
 

最近は、毎日ブログ村のバナーをクリックしていただいてる方もいらっしゃるようで、ありがとうございます。
毎日更新じゃなくてすみません。

さて、このまえこれまで住んでたマンションの売却も無事終わったのですが、以前から、ネット銀行の場合の売却完済ってどうやるの?っていうのが気になってたので、興味のある方は限られると思いますが、その様子を報告しておきます。 

売却する物件の住宅ローンを、普通の銀行とか、銀行を窓口にしたフラットで借りてる場合は、まず買手が売手の銀行口座へお金を振り込んで、次に売手の銀行で振り込みを確認してから、抵当権抹消のための書類をもらって、司法書士が手続きして、これでローンの完済と売却に伴う所有権移転登記が完了するわけです。

ところが、ソニー銀行のようなネット銀行の場合、このお金の振り込みを確認して、完済処理をしてから、抵当権抹消の書類を渡すっていうことをやる、リアル店舗がないので、これをどうするの?と思ってたのです。
これは、登記に関することなので、一日の空白もなく、やりとりする必要があるので、ネットと郵便でってわけにはいきません。

ソニー銀行のソリューションは、出張型のサービサー(債権回収業者)を立ち会わせるというものでした。
やってることは、立会者が振込み実行の連絡をしたら、ソニー銀行で振り込み確認と完済処理を行って、それが完了したら立会者に連絡して抵当権抹消書類を渡させるってだけのことです。
厳密な意味での債権回収じゃないので、たぶん誰が立ち会ってもいいと思うのですが、大きなお金の伴う話で、登記も絡んでるので(日本は法的に所有権と登記が直接的には関連してないので何かあるといちいち裁判しないといけなくて面倒なので)、そういう場合に会社対会社で責任の取れるサービサーに依頼してるんでしょうね。
もちろん、事前に抵当権抹消書類を準備しておかないといけないので、売却完済日の2週間前にソニー銀行に連絡する必要がありました。

一般的には、こういう処理はローンを消す側の銀行で、場所を借りてやるのですが、ソニー銀行の場合そういう場所がないことが、難点として残ってるかもしれません。今回は、買手側の銀行で場所を借りましたが、なんでうちが?って感じだったようです。

ついでの話ですが、ソニー銀行を利用する利点は、借り換え用途が一番大きいと思います。
利率という点では、他の銀行のほうが当初優遇金利でいい金利を用意してるところがあるので、ソニーを選ぶ必然はあまりありませんし、また実行のタイミングを販売側事情に合わせにくいということもあって、あまり利点がありません。
ところが、そういう利率のいい銀行の多くが、優遇金利は「当初」なんですよね。最初の優遇期間が終わると、次からの金利優遇幅はぐっと減ります。そこでソニー銀行の出番です。ソニー銀行は、金利優遇は全期間なので、金利が逆転する場合が出てきます。

ソニー銀行の場合、手数料は一律(たぶん6万とかそこら)、あとは登記手数料と印紙代だけで、保証料も融資額に応じた手数料もかからないので、借り換えのハードルがすごい低いんですよ(変動用の特別プランは融資手数料かかるようなので、普通プランだけですが)。
で、一般の住宅ローンの場合、だいたい最初に保証料を払ってます。そうすると、これを繰り上げ返済で完済すると、返ってくるんですね。これをソニー銀行の借り換え手数料に充てると、追加の手数料がゼロで借り換えられたりするわけです。

最近、一部の新しい銀行で、住宅ローンの保証料は無料だけど、融資手数料がけっこうかかるって銀行が出てます。あれって、借り換えされても利益を取り損ねないようになんでしょうが、繰り上げ返済で早く完済しても、売却完済でも、借り換えでも、保証料の戻ってくる可能性がないので、逆に損になる場合もあるなーと思います。
そうすると、将来的な展開も考えて、住宅ローンを選ばないといけないってことかなと思ったりします。 

今回、旧居→仮住まい→新居と、短期間で2回の引越しがあり、しかも新居は何しろ新築なので、当然、引越しで傷だらけにはしたくない。
できるだけ要領よくやってくれて、しかも丁寧なところということで、初めてアート引越センターに頼んでみました。

これまでの利用歴は、引越社、日通、クロネコだけなので、以下それらとの比較になります。

事前の評判では、アートは丁寧だけど高い、ということでした。これまでも、高いという話だったので、最初から選択肢に入れてませんでしたし。
で、結論から言うと、とりあえず引越し前半戦終了時点での評価は、そこそこ丁寧でちょっとだけ高い、という印象です。

まず丁寧さのほうですが、養生がかなりしっかりしてます。
いまどき、養生がいいかげんな業者なんて、めったにないとは思いますが、それでもアートはそれまでのどこよりもしっかりやってたと思います。
が、それ以外となると、配慮はあるんだけど、プラス評価をするほどでもない。逆に、丁寧を装うために余計な手間を増やしてるとしか見えないところもありました。
当日担当者と、そういう配慮の方向性が一致すると、問題ないんでしょうが、ズレてしまってると、何余計なことやってんだって感じになって、イライラするかもしれません。

全体としては、リーダーの人の「丁寧」の意図が、スタッフ全体には浸透してない感じがしました。
どうして丁寧にやるかっていうと、傷ついたり壊れたりすると、あとがややこしいからなんですが、スタッフはただ丁寧にやるっていう動作の問題としか思ってない人もいて、そーっと持ち上げてるのにドスンと置くとか、取扱い注意の箱でも角を持って底を支えないとか、壁や床に不用意に手や足をバンと置くということが、けっこうありました。

個人的には、引越しのために分解した家具で、仮住まいでは使わないものがあったのですが、それはひょっとしたら新居では不要になるかもしれないので(これからの設計しだい)、もし使わなければ粗大ごみで捨てようと思ってました。
ところが、それを分解したままどんどん詰め込んでしまったので、あとになってあれは捨てるかもしれないから一つになってないと困るとは言い出せない状況になってたあたり、どうしてちょっと確認しないの?という感じです。

あるいは、あれこれあんなに丁寧に梱包してたのに、なぜか椅子はそのままトラックに載せてたらしいです。で、引越しが終わって一段落して座ってみたら、背もたれの角がごっそりささくれだってました。
もう新居では使わない予定の椅子でしたし、普通のデスクチェアなので、べつにかまわないんですよ。でも、これだけガリガリガリっとやったら、気づきますよね。どうして一言申告してこない?って感じです。
どうして、椅子の背にエアクッションかダンボール巻くくらいのことしなかったのかも謎です。

次に金額のほうですが、確かにちょっと高かったです。
でも、他社と比べたら誤差の範囲内なんじゃないかなぁ。
前回、40~50箱くらいで近距離、家具はわりと少なく、エアコン移設は1台、トラック1台に作業員2.5人という内容で、日通で9万円程度でした。 
今回、70~80箱、家具は家電も含めてほぼフルにあって、エアコン移設なし、トラック2台に作業員4人+近隣から随時応援あり、という内容で、13万円ほどです。
(いずれも税込)
まあ、これを高いとみるか妥当と見るかは、それぞれの人の価値観もあるので、何とも言えませんが、まあ普通なんじゃないかなと思いました。少なくとも、前評判ほどハードルは高くない感じです。

そんなわけで、また帰りの新居行きも、アートで依頼することにしました。
捨てる家具はどうせ奥にあるので、運び出す時に組み立ててもらおうかな。
 

家の中のLAN回線は、セキュリティや安定性を考えて、有線LANの予定です。
ところが、住宅メーカーの標準の有線LANの仕様を見ようにも、そもそも情報がないところがけっこう多いのです。そこで、すでに建てた方々のブログなんかを見てみると、なんといまだにCAT5で配線してるところがけっこうあるらしい!

今もう、フレッツ回線でも1Gbpsで家まで来てる時代なので、家庭内のLANも1000BASE-TXに対応しておくのが正しい対応だと思います。CAT5でも、1000BASE-Tでの1Gbps対応はしてるので、ギリギリ使える状態ではあるものの、将来性ゼロですよね。
もちろん、あとからケーブルだけ交換したらいいので、最初はCAT5でも、という選択肢はあるでしょうが、家の維持管理なんていくらでもお金がかかるもの。最近はケーブルの値段なんかほとんど変わらないし、最初からCAT6にしておくに越したことはないと思います。 

で、三菱地所ホームの設定はどうなんだろう?と思って仕様を見てみると、CAT5e…。
最初の詳細見積もりで、ここまできちんと書いてるところは、さすがと言えるでしょう。そして、さすがにCAT5ではないものの、なぜかCAT5e。
100BASE-TではCAT5より優位性はあるものの、1000BASE-TXでは使えません。当然、この先に来るであろう10GBASE-Tには対応できないわけで。
向こう30年は住もうっていう家なんだから、そこは何とかなりませんかね?という感じです。

最近は、無線LANのスピードも安定性も上がってるので、それでいいやって人にはあんまり関係ないのかもしれませんが、逆に言うと、わざわざ有線で引こうって人には、けっこう敏感な問題だと思うんですよね。
以前はCAT6って、なんか太くて硬いケーブルしかなかったので、オフィスなんかでも普通にCAT5eでやってました。でもこのあたりの技術はほんと日進月歩なので、今はもうCAT6でもCAT5と全く遜色ないようなスリムケーブルやソフトケーブルも出てるし、CAT5eの 利益ってほとんどないんじゃないでしょうか。

そんなわけで、有線LANを引く予定の方々は、要注意です。
 

キッチン問題ふたたび」「そして話はバスルームに至る」などと、あーでもないこーでもないと言ってた設備関係。
結局のところ、ぼくらのほしい機能がどれくらいの価格なら買えるのか、あるいはどれくらいまで妥協しないと手が届かないのかわからないので、ぐずぐず言うことになるわけで、いいかげん見積もりを出してもらいましょう!ってことで、営業さんといっしょにショールームめぐりの旅に出てきました。

とりあえず、ぼくらのほしいと思うものを、三菱地所ホームで入れたらいくらくらいなの?ってのを出してもらって、そこをたたき台に設備関係を考えましょうってことになる予定です。

この日行ったのは、タカラスタンダード、LIXIL、TOTOの3社。
ほんとはパナソニックも行きたかったんだけど、かかる時間も考えると、新宿に集まってるこの3社を回るのが妥当でしょうということで。

事前に「すごい時間かかりますし、疲れますよ」と言われてたのですが、頭をフル回転させたおかげで、疲れはしたけど、時間はそれほどかからず。各社で案内の人に「早いですね」と言われました。
まあ、最終決定じゃないので。


こんなのを見たり


こんなことしたり


あーでもないこーでもない

って感じで、やってきました。
三菱地所ホームの場合、ちょっと特徴的なのはタカラスタンダードで、機能的にはほぼ「レミュー」なんだけど、デザインがちょっと違ってて、わりとスッキリ最新式風。三菱地所レジデンスで大量供給してるマンション用のを安く入れることができますよってことみたいです。
LIXILとかTOTOは、トイレとかバスルームではそういう実績があるんだけど、キッチンはそんなにないので、値引きもあんまり期待できなさそうな気配。

どっちかっていうと、バスルームは壁のどこでも好きなところに棚をつけるタカラスタンダードもけっこういいなーと思ってて、キッチンは絶対TOTO!というところなので、逆なら良かったのに…。

あと、やっぱり住宅メーカーの標準は、けっこう大きい意味があるみたいですね。
標準がどこまでかとか、あんまり気にしてなかったので、ほかの住宅メーカーで建ててるらしいよその人が、標準じゃないんですよって説明されて、わりとあっさりあきらめてたのは、それはそれで衝撃でした。
そんな簡単にあきらめられるんだ?って。


毎度のことながらお手数ですが、もし気が向けばブログ村のバナーのクリックお願いします(PCサイトだとここらへん?↘)

このページのトップヘ