ゲイの家づくり

with 三菱地所ホーム

2014年07月

土地のほうは、詳細の詰めと確認を、不動産サービス部さんがやってくれていて、ほぼ決定というところまできました。
建てるのに不都合はないかとか、取引上不利はないかを、相手先との調整も含めて、三菱地所ホームのほうでやってくれるというのは、本当にいいサービスだと思います。

そして、本体のほうの再見積もりも出ました。
基本的な仕様は前回契約直前までいったのと同じで、広さがやや広くなって、形状も四角じゃなくなって、凹凸があるので、その分少しだけ高くなってます。
でも、値引きは前回通りあったので、結果として本体工事で坪単価およそ75万円というのは、そのままでした。

実際の全体の価格は、前回よりも敷地が大きいとか、隣との兼ね合いとかもあって外構工事がちょっと多くかかるかもというのと、敷地分割なので水道工事が発生することもあり、標準の設定でも100万~200万円プラスになるかな?というところです。
でも、土地全体の価格は、前回よりやや土地としての条件が悪いこともあって、700万円くらい安くなってるので、多少建てるほうでプラスがあってもまあ大丈夫だろうというので、営業さんも自分たちも、今回はわりと余裕のある気分です。

最終的に、余裕があるかどうかは、マンションが思ってるような値段で売れるのかどうかで決まってきてしまうし、3か月後には真っ青になってるのかもしれないけど、とりあえず現状では納得できる再見積もりという状況で、次回いよいよ本契約です。
 

今回、わりと早いうちに、全館空調が前提の家づくりになったのは、暑いとか寒いとか思いたくないっていうのが大きかったんですが、ほかにもう二点、けっこう今になって考えると要因になってたなというのが、ありました。

一つは、エアコンスリーブからの侵入。
エアコンスリーブって、当然ですが、外と中との間の壁に設置されてますよね。そうすると、どうしても窓の近くになることも多いです。
で、空き巣のわりとありがちな手段として、エアコンスリーブから硬めの針金を差し込んで、サッシのクレセント錠を回してしまうっていうのがあるらしいです。クレセントにさらにロックがついてるとか、窓下にダブルロックしてるとかだったら、そう簡単にいかないでしょうが、まあ空き巣被害の危険度から考えると、当然開口部はできるだけ少ないほうがいいので、エアコンスリーブがなくて済むなら、そのほうがいいなーというのがありました。

もう一つが、いまのマンションのエアコンです。
いまのマンションのエアコンは、最初からついてた、天井埋め込み型です。買ったときは、そんなに気にしてなかったのですが、これがけっこう良かったんですね。見た目的にも、手入れ的にも。
これに慣れてしまうと、普通のエアコンは、邪魔だし、汚れやすいし、一戸建てになってあれがたくさんあると、ちょっと大変なんじゃないか、と思ったんですね。
いま、自動でフィルタ掃除をしてくれるエアコンとかも出てますが、あれも結局、中が結露でカビるのは避けられないっていうのがわかったりもしたし。

普通、こういうことをみんな気にして家を建てるのかどうかわかりませんが、ぼくらの中では、こういうことがどうでもいいこととは思えなかったのも、全館空調を選ぶ決め手になったんだろうと思います。 

結果的に、分筆後に引き渡される土地の、面積や形状、状態がどうなのかわからないので、その詳細を確認して、必要であれば調整してもらうとともに、その情報をもとに土地をうまく活用したプランを作ってもらうということで、前回の打ち合わせは終了していました。
しかし、その中で、どうも事前の情報より土地面積が少なくなるらしいということがわかりました。
一坪弱というところなので、ちょっと境界を引き直すという程度でしょうが、どこが狭くなるかで大違いです。

しかし、売主さん側の仲介業者が大手さんなので、そんなおかしなことはしないはず。ということで、前回打ち合わせの要検討事項が、ある程度見えて、その間にほかにより好適な土地が出なければ、申込書を入れましょうということにはなってました。

そして迎えた、再度の打ち合わせ。
土地の形状は思ってもみなかったところが、少し小さくなってました。えー?ここ?という感じですが、どうも売主さん側では、家の建てやすさにあんまり関係ないところで少し削って、表面価格を安くすることで、売りやすくしようということのようでした。
確かに、その部分が削られても、総面積が変わるので建築面積に影響する可能性はあるものの、そんなに大したことありません。
でも、なんか形状がガタガタした感じになってしまうのですよ。

幸い、まだこれで分筆決定というわけではないので、前の形状でもいいですよーということで、じゃあリセールバリューから考えても、あんまりにも変形地っぽくなってしまうのは避けたいということで、前の形状で売ってくださいと、申込書を入れることになりました。

プランのほうは、土地面積が小さくなるという情報であてはめてみると、前回のもので建ぺい率的にかなりいっぱいいっぱいなので、外形的には修正は入りませんでした。
結果的には元の土地の大きさになったので、もう少し余裕はあるのですが、まあこんなもんでしょうということで、せっかくなので、さらに中の間取りを、もうちょっとこうしたいという意見だけ出しておきました。

申込書は、その日のうちに先方へ届けられ、受理されてるようで、たぶんこんどこそ土地確定です。
 

見に行った土地その8は、そこそこ良さそうということで、まずは前回同様、そこに希望する家は建つの?という確認のためのプランを作ってもらいました。
これで、プランを作ってもらう土地は3つめなので、設計の方の負担を考えても、そろそろテストプランじゃなくて、本当のプランに入りたいところです。
結果として、土地自体は前回の土地よりやや広いので、建ぺい率は低いものの、なんとか収まりそうでした。

今回のプランでは、今まで玄関とリビングに分散してた吹抜けを、リビングに集約しました。
これは、2階の間取りにもよるので、前回はできなかったのですが、今回はこの変更のおかげで、吹抜けはかなり広めにとることができました。
課題としては、まだ建ぺい率に余裕があったので、ぎりぎりまで広く取れる形状についてと、土地の形状やや台形のような形なので、 どこの境界線に建物の向きをそろえるかを、検討してもらうことになりました。

今回の土地については、最初はまあここもありか、という程度だったのですが、実際問題ここでいいかどうかを考えるに際して、いろいろ比較検討してみた結果、山手線なんか見えないような郊外に出ても、いちばん近い駅から徒歩5分という立地で、これだけの広さをこの金額で確保するのは難しい、という現実が見えたので、じゃあもうここで建てる覚悟で進めてもいいかなということにしました。
三菱地所ホームのほうでも、金額を考えても妥当なところという評価でした。

土地そのものについては、じつは今回の土地は、まだ現住中の土地を二分割しての販売です。 
登記上の分筆なども、まだこれからということなので、実際に提供されるものがどういうものなのか、たとえばもうあとは建てるだけなのか、当該部分の塀を壊しただけで古家ありなのかでも、最終費用はぜんぜん違うので、引き渡しの条件について、明確にしてもらうように、先方と調整してもらうことをお願いしました。

具体的にやるべき作業と時期のターゲットが見えてくると、前回も早かったので、もう大丈夫です。
また、三菱地所ホームの場合、土地の仲介自体が、別会社ではないので、本当に利益度外視で建てるためのサービスとして動いてもらえるという点も、 任せて安心です。
単に建てるのに問題ない条件で仲介するというだけでなく、建てるために必要な条件も整えて仲介してくれるという感じですね。
 

昨日の続きで、じゃあどこが良くて三菱地所ホームにしたのか、を。

まずは定番、エアロテックですね。
ネットでよく出てる、建ててから後悔したことみたいなので、けっこう全館空調だったらそんなこと気にしないでいいのに、っていうことが、いろいろあったんですよね。リビング階段とか吹抜けにしたら冬は暖かい空気が上に行ったとか、 広い家にしたらエアコンがたくさん必要で大変とか、浴室乾燥機で冬はお風呂場が暖かくて快適とか。
あと、うちはふだんも窓は開けない生活なので、エアロテック導入のハードルみたいなのが低くて、余計にメリットだけ見えるのかもしれません。

次に、間取りとか設備の自由度。
完全に自由ではないみたいですが、一般に使われてる住宅設備はほぼ全部使えるみたい(単純に設置保証の問題らしいので、自己責任ってことなら使えないものはないと思います)ですし、家自体のサイズも1/8間(20cmちょっと)から調整できるので、土地形状がちょっと変でも大丈夫そうってのが、土地選びでだいぶ気楽です。
当然、天井の高さとか廊下の幅とかも、変えたければ変えられます。

あと、落ち着いた信頼できる社風みたいなものですね。
これはほんと、良し悪しで、もうちょっとガンガンきてほしいのに!ってことも、昨日書いたみたいに、確かにあります。でも、けっこう家を建てるときの不満に、契約を急がされたとか、ごまかしてきた、みたいな話があるので、そういうことは少なくともないなと。
見積もりも、かなりフェアだと思います。安いかっていうことを気にすると、安くはないんですが、見積もりでは、外構とかも含めて、盛り込むべきものをある程度概算で見えるようにしてくれるので、たぶんあとから、しまったこれが必要だった、みたいなことはなさそうです。
あくまでネット情報ですが、施工不良みたいなことが少なそうっていうのも、けっこう決め手になりました。建ててる最中のこととか、素人にはわかりませんから。

あとはもう、営業の人との相性なので、他社でも相性のいい人に当たれば、三菱地所ホームじゃなくても大丈夫だと思います。
ちなみに、ゲイだからイヤな感じの対応してきたっていうメーカーは、ありませんでしたよ。


このページのトップヘ