そんなわけで、2年点検も終わって、家づくりと言える部分についてはほぼ完了したということで、何回かに分けて得た経験や実体験からの感想をまとめてしまいたいと思います。
まずは、家づくり全体に関して。

・ のめり込みすぎない
これは最初のほうの段階でしょうが、「建てる」というターゲット以外見えないという状況は避けたほうがいいです。土地に問題がとか、家庭に問題がとか、資金繰りのめどがとか、何かしらの問題があるなら、潔く撤退することも必要だと思います。
前にテレビでやってた例ですが、家庭不和をなんとかしようと、前から奥さんが希望してた家を建てたんだけど、結局それで何とかならなくて、ローンとだだっ広い家だけが残ったっていう男性が紹介されてました。
建てたいなーと思って資料を集めたりし始めると、途中で引き返しにくいのですが、「これがダメだったら引き返す」というフラグをいくつか立てておくほうがいいんでしょうね。

・スケジュールを把握する
いつ何をやるのか、何をどの時期までにやらないといけないのかということが、把握できてるのとできてないのとでずいぶん違います。やっぱり締め切りがある状態であせると、何か見落としたり、えいやーで決めてしまいがちで、危険です。
本来的には、営業さんがそのあたりをコントロールしてくれるべきなんでしょうが、そんな気の利いた人に当たる場合ばかりではないので、本などを参考に、自分の場合はこれはいつまで?などと、確認したほうがいいでしょうね。

・ アイデアをたくさん集める
 「たぶん予算じゃない」でも書いたのですが、家の使いやすさとか意匠デザインなんかは、お金をかけなくても工夫すればできることはいっぱいあります。ビルダーさんのほうでも、何もかも知ってるわけじゃないので、そういうのは本とかブログとかで情報を集めまくって「こういうのにしたい」「こういうふうにできない?」というのを、どんどん相談しましょう。
制限のある中でも、相談してるうちにできることがいろいろ出てきたりすると思います。

・枠外のお金を用意しておく
これも予算のうちではあるのですが、10万円20万円くらいのお金が、手数料だったり手付金だったりで、ちょこちょこ出て行きます。その時々ですぐ手元から出せるならいいのですが、もっと計画的にお金を準備してるとか、逆に手元資金はほとんどないとかの場合、そういうので慌てる可能性もあるので、50万とか100万とか、予備費があると便利です。

・後回しも考える
建てるときに全部完璧にしてなくても、あとからのリフォームでなんとかできることも多いです。
予算や家族構成なんかの兼ね合いで、決めかねる部分があれば、空間だけ用意しておくとか、あとでもっとちゃんとした状態にするとかでもいいと思います。たとえば、2階トイレがあったほうがいいかどうかわからないというときは、ちょっとした物入れに配管だけしておいてもいいでしょう。あるいは、お子さんが小さい間は壁紙やフローリングは安いものにしておくとかも、初期費用は抑えられそうです。
暮らし始めて冷静になってみると、お金をかけなくてもよかったという物もあったりするので。