最近ときどき考えてるのは、このまま順調に生活できていたとして、何歳くらいになったら身辺整理を始めればいいだろうということです。

Uの実家はまだ両親とも健在ですが、家の中はけっこう物があふれてて、これは先が思いやられる…という感じです。Oのほうは両親ともいないのですが、最後に遺品整理屋さんに頼んだら60万円かかりました。
ぼくらの場合、後始末をしてくれる子どももおらず、誰かに頼むか、結果的に何かしらの血縁をたどって誰かがなんとかしてくれるかになると思うので、少なくとも後始末は楽なようにしておかないとと、常々考えています。

でも、戸建てだとどうしても、置く場所はあるので、物は増えますよね。というか、増えても平気なように戸建てに引越したようなもんだし。
とりあえず、今は元気なので、まあ物の多い状態を満喫するとして、じゃあいつ捨て始めればいいんでしょうということになります。

以前は、70過ぎたらくらいかなと思ってたのですが、たぶんいざその年になると、片づける体力もそんなにないだろうし、いろんな物に対する執着があって、捨てられなくなっちゃうかなということを、ちょっと懸念しています。
昔はなんとも思わなかった、子どもの頃の身の回りの物なんかも、最近は「あーあれ捨てないでとっておけばよかった」と思うこともあったりして、老化とともに昔の思い出の品への執着は強くなるのかもしれないという危惧もあったり。

今のところ、具体的にいついつとは決めてないのですが、余計な執着ができてしまう前に、日々の物を捨てるように心がけておいたほうがいいのかもしれないと思ったりしています。