住み始めた頃は、ここはもうちょっとこうすればとか、もっと違うと思ってたのに、という箇所もけっこうあったのですが、さすがに2年たつと、慣れてくるし、だんだんどうでもよくなってきます。
しかしそれでも、ああ失敗した…と見るたびに思う箇所もあるわけで。

1.カーテンボックス
図面にカーテンボックスがないなーと思ってたのですが、そんなこと言い出したら、廻縁も幅木も書いてないし、別に気にもしてなかったんですね。最終盤になって、カーテンボックスの長さはどれくらいなんだろう?と思って確認したら、ついてないと…。
あわててつけてもらうことにしたのですが、あとづけなのであんまり大きなものをつけるわけにもいかず、申し訳程度についています。
カーテン自体は、アジャスターをぎりぎりまで上げてるので、レールは見えなくなってますし、そんなにおかしいわけでもないのですが、なんとなくこれじゃない感が残ったまま、今に至っています。
前にも書いたのですが、掘り込みのカーテンボックスとかにしようと思ってる方は、天井の構造にも関係してくるので、早めに言ったほうがいいです。

2.トイレのニッチ
洗濯機置き場とかトイレとか、水道管が上がってくるところはニッチができがちですよね。
でも、ホコリがたまりやすいのでそういうところは作らないでとお願いして、設計の方も1階は覚えてたのですが、2階は忘れてたっぽいんですね。ぼくらも図面は見てて、2階のトイレにすーっと線が入ってるのも見てたはずなのにチェック漏れ。
仕方ないので、ちょっと飾り物を置いたりしていますが、こんなところに棚が…という違和感は残ってます。
IMG_20170119_110147
どうしたらいいのかわからないニッチ


3.裏から見た家
詳細は「のっぺらぼうの家」で書いたのですが、旗竿地なので竿状部分から見たところだけ何とかしておけばいいやと思ってたら、裏からのほうがよく見えて、しかも家の一番大きい側面部分がちょうど見えてるという状態。
近くによると、ああ見えないところに窓があったのかとわかるのですが、パッと見たところ、どうしてあんな壁だけの家を建てたんだろう?と思ってしまいます。

三菱地所ホームの場合、パースくらいは頼めば書いてくれますが、基本は平面図と立面図で見るしかないんですね。CGとかないです。そうすると、あとはもう想像の世界なので、ちょっとしたことに気づける機会が、大手メーカーと比べると少ないんじゃないでしょうか。
しかも、標準仕様しかできないわけじゃなくて、変えようと思えば変えられただけに、がっかり感も後を引きやすいように思いました。