知らない人が歩いてても誰も気にしない都心で、しかも人目からの死角の多い旗竿地ということで、ぼくらの家はそれなりに防犯には気をつけたつもりです。
今までバラバラと書いてはいるのですが、まとめると以下のような対策をしています。

1.オートロック門扉の設置
最近はオープン外構が多いので、門扉を設置しない家も多いと思いますが、あえて設置しています。
一時期、宅配便を装った強盗が何件も発生したことがあったので、荷物の受け取りは基本的に門扉をはさんで行うようにしています。何かあっても、一歩下がれば距離は取れるし、門扉越しに素早く武器などを出してくるのもスムーズではないと思うので、少し安心です。

2.鍵穴なしドア
ドアは鍵穴のないタイプを設置しました。
カバーで見えなくなっているだけで、実際にはあるのですが、泥棒はなるべく手っ取り早く仕事ができる家を狙うために、なんか面倒そうな家だなと思ったらやめておくらしいので、そういう抑止効果もあるかなと思っています。

3.メーター類は塀の外
電気や水道のメーターは、敷地の入り口に設置して、中まで入らなくてもチェックできるようにしました。
検針員の人を疑ってるとかじゃなく、検針を装った人が入ってこないためです。

4.開口部は2か所のみ
防音も兼ねて、ほとんどの窓で二重窓やFIX窓になっているのですが、1階はドアと裏庭への窓しか開きません。裏庭の窓も二重窓なので、外側のペアガラスを破って、さらに内側の防犯ガラスを破らないと入れない構造です。

5.防犯カメラの設置
死角になりそうなところに、防犯カメラを設置して、動くものがあるとセンサーで教えてくれるようになっています。
これ、稲妻とかネコでも反応するので、無駄にドキっとさせられることもあるのですが、まあないよりはあったほうが安心ですよね。

この中で、今のところ効果を感じてるのは、門扉だけです。最近、小口荷物の配達を請け負う業者さんが増えてるので、よく知らない配達業者さんだったりして、本当?と思うこともあるので。
あと、開口部が二か所しかないのは、前も書きましたが、寝る前とか出かける前のチェックが楽です。