もうじき今の家も満二年になるので、そろそろ家づくりブログもまとめの時期かなと思ってるのですが、じゃあ家づくりを経験して、これから建てようとしてる人に今だったらどういうアドバイスをしてあげたいかというと、まず予算が限られてるからと自分好みの家づくりを妥協しなくてもいいですよということを、最初に言っておきたいような気がするのです。

家を建てましょうとなるのは、やっぱり第一に必要だからというのがあると思います。そうすると、予算が十分に確保できない場合があったり、自分たちなりに頑張って貯金したけど建てるにはギリギリという場合もあるでしょう。
そんなときに、自分はこんな家がよかったんだけど、予算もないし、メーカーの基本プランの中から選んで、設備仕様も標準にしておくのがいちばん安いから、もうこれでいいやと、あきらめてしまう人もいらっしゃると思います。

でも実際には、大工手間の範囲内でわずかな追加料金や、場合によってはただでやってもらえるようなことって、わりと多いんですよ。
たとえば、上がRになった開口とか、角のRとかは、じつはそんなにすごく手数と部品が必要なわけでもないので、全体工事費用の中でやってくれる場合もあります。
あるいは壁紙を全部標準のものにする場合でも、部分で色を変えるとかはできますよね。アクセントウォールでおしゃれな雰囲気にするとか、標準の範囲内でもできます。
そういう造作系をぼくらの家の例でいうと、5,000冊が入る書庫で、追加料金は棚板代だけでした。
bedroom2_3
こんな大量の棚がほぼ標準の範囲内です。


キッチン、バスなどの設備をいいものにしたいと思うと相応の費用が必要になるのですが、他の住宅メーカーや工務店と比べて明らかに「ちょっとこれは…」と思うような設備を標準にしてるところは、そんなにないでしょう。そして、そこをちょっといいものにしても、細かな満足感はあるでしょうが、日々の使い勝手ではそんなに大きな差はありません。
そこで、設備仕様は標準にして、壁紙やちょっとした造作を凝ると、家としてはよほど違って見えるし、低予算でも自分好みの家にすることができます。

だから、家づくりは予算に関係なく、自分たちがどんな家に住みたいのか、よく考えてみることをお勧めしたいです。たぶん想定予算で制限のあるのは、広さとか設備とか立地だけなので、家の中は工夫次第でいくらでもおしゃれにもかっこよくにも快適にもできるはずなんですよね。

ただ、こういうことって、想像力も必要だし、時間もかかります。
そこのところを面倒がらず、いろいろアドバイスしてくれたり、事例を紹介してくれたりして、いっしょに考えてくれるような営業さんだったり、住宅メーカーだったりに当たるのが、家づくりではけっこう重要なことなんじゃないかなと、今になって思います。