前回に続いて、三菱地所ホームについて。今回は、あんまり良くなかった残念ポイントです。 
引き続き、ぼくらの場合はこうでしたとか、こう思いましたってことで、三菱地所ホームが全体としてそうかどうかはわかりません。

1. 提案力が弱い
顧客の側で、こういうのを建てたいとか、こんなデザインにしたい、こんな部屋がほしい、っていうのが明確であれば、完全注文住宅なので、対応してくれますし、そのために何が必要か、どうするのかということも考えてくれます。
でも、そのあたりが漠然としてて、「かっこいい家」とか「収納が多い家」というような、あいまいな希望だと、たぶんあんまりかっこよくもなければ工夫もない提案しか出てこないと思います。
前回書いた、営業がガツガツしてないというのは、全体的にそうで、積極的に「こうしましょう」とか「こんなのもかっこいいですよ」という提案は、あんまり期待できません。
そして、間取りや外観を3Dで見せてくれるサービスとかもないので、図面からイメージするだけです。パースくらいは書いてくれるでしょうが。

2. 質実剛健すぎる仕様
ハウスメーカーって、どちらかというとデザイン寄りか、スペック寄りかの、2パターンに分けられるように思いますが、三菱地所ホームの場合、完全にスペック寄りです。
WEBページを見ても、こんな素敵な家が!っていうよりは、実現される機能押しという感じがしますよね。
で、基本仕様についても、過去の実績から問題が少なく確実なものを採用してるので、結果としておしゃれ感に乏しい仕上がりになってしまいます。ドアのガッチリした三方枠とか、分厚いかまぼこ板のような階段手すりの笠木とか、ああ昔の家ってこんなだったなーという、もっさり感です。
たぶん、事前に気づいていれば、有償でもっとおしゃれ感のあるものに変更可能だろうとは思いますが、とりあえずそのままだと、全体にモノはいいんだろうけどおしゃれ感に乏しい家ができあがります。

3. 安くはない価格
ぼくらの家だと、本体のみエアロテック込みで、坪単価75万円でした。営業さんの口ぶりだと、だいたいこれで標準的なところのようです。この状態で、もちろん問題なく住めるのですが、キッチンとかバスルームとか窓とか、どんどん変えていったので、その分は別です。
ぼくらの場合、前回の「良かったところ」のほうを見て、この価格にはそれなりに妥当性を感じてるので、いいですが、価格第一で考えてたら、ほかのところでもそこそこちゃんとできてくるので、あえて三菱地所ホームにする理由はないでしょうね。

4. 少ない実績
なにしろ、三井ホームとか積水ハウスなんかと比べると、年間に1/10とか1/20とかしか建ててないので、ネット上で得られる情報もほとんどありません。
そして、建設棟数に比例して調達力も弱いので、設備なども割高になりがちです。なまじ規模の大きい会社なので、一戸ごとに同じ製品で複数の調達元から相見積もりを取るとかできるわけもなく、これに関してはハウスメーカーと工務店の悪いとこ取りという感じもなきにしもあらず。
そして、標準がないので取扱い設備も多くなって、最新製品の機能とか、設備のトレンドとかの情報も弱めです。
ビルの実績が多いせいか石タイルなんかは案外安かったりするんですけどね。

こんなところでしょうか。
特に、提案力と価格のところは、ハウスメーカーに期待する機能としては、そこそこ大きいところでじゃないかなと思います。ここを重視する人は、三菱地所ホームで建てないほうが無難でしょうね。
逆に、建てたいものがはっきりしてて、設備なども自由に選びたいなら、ハマると思います。

その、こういう人が三菱地所ホーム向けじゃない?というのを、次回ちょっとまとめます。