このブログは2014年~2015年にかけての家づくりの経験をもとに記述されています。現在はすでに古くなってしまった情報も多いので、ご注意ください。

仮住まいから、建ててる土地までは、歩いて行けない距離じゃないので、見に行くときはたいてい歩いて行ってます。

表通りはけっこうな車通りとビルですが、道路一本内側に入ると住宅街なので、家を建ててる現場は常にどこかある感じです。
見に行く途中で、ぼくらの家より1~2週間早く、住友林業で建ててるお宅があるのに気づいて、通りかかるたびにちょっと観察してしまってます。

それで気づいたのが、すごいしょっちゅう計測してるってことです。
たまたまというのもあると思いますが、通った時の2回に1回は、何かしら計測してて、すごいきちんと作ってる!って感じがしました。
周囲にも建て替え候補はいくらでもあるし、顧客候補が見てるってこともあるのかもしれませんが、そんなことばっかり考えてたらいつまでたっても終わらないし、おそらく住友林業さんの基準で、厳密に計測しながらやることになってるんでしょうね。

現場自体も、前面道路が広さがあるわりに車通りが少ないところなので、日中ちょっとくらい前に何かはみだしてても問題なさそうなのに、そういうことも全くなく、すごく整理されてる感じでした。
住友林業でお願いしてる人は、安心できそうでいいですね。

ぼくらのほうも、これくらいきちんとやってくれるといいのになーと思ったりしてます。
今週は配筋検査なので、いろいろ見てこないと。