このブログは2014年~2015年にかけての家づくりの経験をもとに記述されています。現在はすでに古くなってしまった情報も多いので、ご注意ください。

基本的な構造や間取りを決めるのに問題になってることの一つに、階段のことがあります。

あまりにも急な階段は避けたいと言ってたので、いまのプランでは、踊り場がついていて、その踊り場も4段とか6段とかにもできるらしいのですが、2段にしてもらっています(踊り場の中央に1段あるだけの形)。
それでも、たぶん踊り場以外の各段の幅はそんなにないらしく、広さとの兼ね合いから、しぶしぶ了解してるという状況です。

それよりも、現状で問題なのは、小屋裏収納への階段です。
あまり使わない物を収納しておくのに、まとまった収納があったほうが便利だと思い、小屋裏収納をつけることにしました。
ところが、いま家を建てようとしている地域では、居住階でないところへ居住できるような環境を作らせない規定になってるらしく、収納へは仮設や移動式のハシゴしか設置できないらしいです。

こんな感じ。

これが一般の家庭なら、年取ってハシゴが無理となったら、子どもに上がってもらったりするのでしょうが、うちはぼくら二人が年を取っていくだけです。できれば、普通の固定階段になってたほうがいいなーと思ってます。

何か方法があるか、検討してみるってことになってますが、最近は条例で小屋裏収納への固定階段を禁止してる自治体も多いとか。もし何か「こうやって固定階段か、それに類似するものを作れた」というご経験者の方がいらっしゃったら、教えていただけるとうれしいです。