このブログは2014年~2015年にかけての家づくりの経験をもとに記述されています。現在はすでに古くなってしまった情報も多いので、ご注意ください。

とりあえずの基準になる土地を決めて、あとは仮プランを相談しましょうとなった直後の週末。
いつも通り、なんとなく土地情報サイトを見てました。

サイトに上がってくるようなのは、だいたい不動産業者が自分のすでに持ってる顧客ではさばけずに、売りの仲介手数料だけでもいいやと思った物件なので、何かしらちょっと問題があることも多く、すごくいい土地だ!っていうのは、まず出ないほうが普通みたいです。

それでも、いま基準になってる土地は、何度もサイトで見てたけど、実物はもうちょっと良かったので、そういう土地もあるかもしれないと思って、毎週一回は見ておこうと思ってました。

そこで見つけたのが、4つめの見に行った土地です。
これは、野村不動産のノムコムで見つけたので、厳密にいうとネットに上がってる情報というよりは、業者の独自物件ということになります。
駅からの距離は13分とちょっとあるものの、人気の閑静な住宅街にあって、整形地の角地です。 

角地って、いかにも一戸建て!って感じですが、当然世間にはそんなに角ばっかりないので、あんまり出ないんでしょうね。
あっても、入り組んだ私道の奥とか、目が飛び出るほどの価格だとか、そんな感じで、これまで対象に考えてきた土地では、角地はありませんでした。
ところがここは、いかにもという感じの角地で、多少セットバックは必要なものの、敷地の大きさも手ごろ。そして価格も手ごろで、えーこんな土地がなぜこの価格で?という感じでした。

さっそくOが一人で見に行ってみましたが、特に問題ありげな感じではなく、しかもすでに更地になってます。ひょっとしたら火事でもあったのかなーとも思いますが、そういうのはぼくらは気にしないので、平気です。
さっそく、三菱地所ホームの営業さんにも教えて、見に行ってもらい、 さらにUも見に行きました。

全員が好印象だったのですが、問題点が二点。
まず駅からの距離がやっぱりちょっとあるし、しかもけっこう混むので有名な路線の駅という点。
そして、じつはUの以前の職場の知人が何人か住んでるところの近くだったのです。

一点めのほうは、まあそういうところもたくさんあるので、角地でこんなに安いんだからと我慢することも可能でしょう。
でも、二点めのほうは、普通の家族なら気にしないところでしょうが、ぼくらみたいに世間的に公にしづらい生活をしてると、なんとなく気にしながら住まないといけないので、ここはけっこう問題かもしれないという感じがしました。

そういう事情を抱えてなければ、価格的にも場所的にも、これで満足という人はいくらでもいそうな土地だったので、もうちょっと相談してからと思ってるうちに、売れてしまうんだろうなと思い、ここはあきらめることにしました。