ゲイの家づくり

with 三菱地所ホーム

なんとなく書き残したことも多いように思うのですが、これでひとまず"家づくり"についてまとめたところで、このブログは終わりにしたいと思います。

結果として、何もわからない状態から建てても、とりあえず三菱地所ホームで建てた場合においては、問題のないものが建ちましたよというのが、結論になるでしょうか。
そして、LGBTだとか独身だとか、いろいろ家を建てる属性としてはあんまり喜ばれないんだけど、家を建ててみたいという方々はたくさんいると思うのですが、家づくりについてはそんなにハードルは高くないので、大丈夫ですよというのも折に触れ書いてきたつもりです。

ぼくらはわりと好悪がはっきりしてるので、ブログではなるべくそういうのは抑えていたつもりですが、ついついそういう意識が出てしまったところでは、当てはまる人には不愉快なお気持ちにさせたかもしれません。申し訳ありませんでした。 

またいずれ、この先の生活についてはブログを作るかもしれませんが、とりあえずのところは終了とさせていただきます。
毎回読んで下さった方に感謝していますし、少なからずコメントもいただけたのもとてもうれしかったです。
どうもありがとうございました。
 

三菱地所ホームについて思うところは「三菱地所ホームについて-良かったところ」「三菱地所ホームについて-残念なところ」ほか、何度か書いていますので、ご興味ある方は過去ログをご覧ください。

その上で、じゃあ結論として自分たちは次に建てるとしても、三菱地所ホームを選ぶと言えるのかどうか、ということですが、これは何とも言えないというのが正直なところです。

その理由としては、以下のようなことが考えられます。
  • 作業やサポートの質は高いが、同じだけの質が得られるのなら、他社でもいい可能性が出てくる。
  • エアロテックの室温設定のできる全館空調は良いが、三菱電機製の同じ製品が設置できるなら他社でもいい。
  • 結果としての品質のために、冒険しない設計になってしまい、平凡な家になりがち。
  • 第三者などを入れて品質が確保できれば、もっと提案力のあるビルダーのほうがいいかもしれない。
これらのことの前提として、まずぼくらは今の家については、かなり満足しているというのが、現時点での感想です。他社でも三菱地所ホームくらいきちんと建ててもらえたかどうかと考えると、なかなかよその現場を見てるとそうは思えませんし、エアロテックについても満足しています。
でも、だからこそ、弱さであると思われる、積極的な提案やアグレッシブなデザインに欠けるというところが、余計に気になってしまってるのでしょう。

先のことはわかりませんが、今のままいくとぼくらの場合、おそらくもう一度家を建てる機会がやってきます。
そのときにも、三菱地所ホームで建てるのかということを、まじめに考えると、軽々に「良かったからまた頼みたい」とは言えないなと思ったりするわけです。

世間には家を建ててトラブルになってる人もいらっしゃることを思うと、ずいぶん贅沢なこと言うなという感じもしますが、こんな状態なので、三菱地所ホームで建てたいと思ってる方にも、良かったですよとは言えますが、お勧めですよとは必ずしも言えないというのが、本音のところなのでした。
 

設計の最中と、出来あがってからとで、いろいろ思うところはあったのですが、もうけっこう忘れてるような気がします。
  • 境界から壁芯50cmで建てると、敷地に通れないところができる。
  • 玄関が広いと何かと便利。
  • 南側が開けてなくても、吹き抜けで1階にも陽射しは入る。
  • 大きな窓にするより既成サイズを複数のほうが安上がり。
  • キッチンやバスルームに隣接した収納を作ると、床下点検口を収納内に入れられる。
  • 全館空調でも使用後のバスルームとは温度差ができるので脱衣所には暖房があったほうがいい。
  • 階段を家の中央に作ると移動しやすいが、階段は暗くなる。
  • こういうドアだと指をはさむことがある。
    DSC_0010
  • 室内のクロゼットはドアなしでもいい。
  • トイレ内での便器の位置を少し前に出すと配線・配管が便器のうしろに隠せる。
  • カーテンボックスをつけるなら早い段階で要望する。
次に家を建てるなら、こういうところに気をつけておかないとなーと思いました。
 

このページのトップヘ