ゲイの家づくり

with 三菱地所ホーム

そんなわけで、2年点検も終わって、家づくりと言える部分についてはほぼ完了したということで、何回かに分けて得た経験や実体験からの感想をまとめてしまいたいと思います。
まずは、家づくり全体に関して。

・ のめり込みすぎない
これは最初のほうの段階でしょうが、「建てる」というターゲット以外見えないという状況は避けたほうがいいです。土地に問題がとか、家庭に問題がとか、資金繰りのめどがとか、何かしらの問題があるなら、潔く撤退することも必要だと思います。
前にテレビでやってた例ですが、家庭不和をなんとかしようと、前から奥さんが希望してた家を建てたんだけど、結局それで何とかならなくて、ローンとだだっ広い家だけが残ったっていう男性が紹介されてました。
建てたいなーと思って資料を集めたりし始めると、途中で引き返しにくいのですが、「これがダメだったら引き返す」というフラグをいくつか立てておくほうがいいんでしょうね。

・スケジュールを把握する
いつ何をやるのか、何をどの時期までにやらないといけないのかということが、把握できてるのとできてないのとでずいぶん違います。やっぱり締め切りがある状態であせると、何か見落としたり、えいやーで決めてしまいがちで、危険です。
本来的には、営業さんがそのあたりをコントロールしてくれるべきなんでしょうが、そんな気の利いた人に当たる場合ばかりではないので、本などを参考に、自分の場合はこれはいつまで?などと、確認したほうがいいでしょうね。

・ アイデアをたくさん集める
 「たぶん予算じゃない」でも書いたのですが、家の使いやすさとか意匠デザインなんかは、お金をかけなくても工夫すればできることはいっぱいあります。ビルダーさんのほうでも、何もかも知ってるわけじゃないので、そういうのは本とかブログとかで情報を集めまくって「こういうのにしたい」「こういうふうにできない?」というのを、どんどん相談しましょう。
制限のある中でも、相談してるうちにできることがいろいろ出てきたりすると思います。

・枠外のお金を用意しておく
これも予算のうちではあるのですが、10万円20万円くらいのお金が、手数料だったり手付金だったりで、ちょこちょこ出て行きます。その時々ですぐ手元から出せるならいいのですが、もっと計画的にお金を準備してるとか、逆に手元資金はほとんどないとかの場合、そういうので慌てる可能性もあるので、50万とか100万とか、予備費があると便利です。

・後回しも考える
建てるときに全部完璧にしてなくても、あとからのリフォームでなんとかできることも多いです。
予算や家族構成なんかの兼ね合いで、決めかねる部分があれば、空間だけ用意しておくとか、あとでもっとちゃんとした状態にするとかでもいいと思います。たとえば、2階トイレがあったほうがいいかどうかわからないというときは、ちょっとした物入れに配管だけしておいてもいいでしょう。あるいは、お子さんが小さい間は壁紙やフローリングは安いものにしておくとかも、初期費用は抑えられそうです。
暮らし始めて冷静になってみると、お金をかけなくてもよかったという物もあったりするので。
 

そんなわけで、2年点検もとくに波乱なく終了しました。
4ヶ月と1年の点検のときに、さんざん問題点を指摘して、アンケートにまで書いたくらいなので、逆にいまの時点で積み残しがあるとビックリですが。

これまで点検のときは、毎回2人ペアでいらっしゃってたのに、今回は事前の指摘事項が少なかったからか、1人でした。
しかし1人だからすぐ終わるかと思ったら、そうはいかず。
指摘事項だけだとすぐ終わってしまって、何もしてない!と思われるのを危惧したのか、とにかくすごい詳細に見るのです。全部の取手のガタつきチェックだけでも、けっこうな手間なのに、ドアも引出しもぜんぶ開けてチェックするし、あげくに便器の消臭ファンのフィルタみたいに、べつにそこ壊れても実使用上問題ないからと思って放置してたところまで引っ張り出して「ここはホコリがけっこうたまるので、まめに掃除してください」とか…。前の便器でもそうだったから知ってます!でも、めんどくさいから放ってあるの!って言いたくなってしまいました。
あんな人の奥様は大変じゃないだろうか…。

でも、個人的にちょっと気になってた、キッチンの排水升はチェックしてくれず…。まあ開けてゴキブリでも飛び出してきても困るので(←これが心配で、時々水酸化ナトリウムや塩素の水溶液をドバーっと流してる)、別にかまわないのですけどね。
とりあえず、外壁の状態も含めて一通り見てもらって完了。大変丁寧でした。

ということで、これで初期不良などへの無償修理対応期間は終わり。次は7年目点検だそうです。

そして、壁紙のコーキングの補修は、うちの担当者の方はこれを使ってました。
そのままだと先が細くて、二度塗りしたり塗りすぎて盛り上がったりするので、斜めにカットするのがコツだそうです。



 

ずっと上昇傾向が強かった都心住宅地の地価ですが、最近はやや上げ止まり傾向も一部に見られるようです。

アベノミクス開始とともに、東京では2020年オリンピックが決まったこともあって、回復の遅れる地方を置き去りに、都内・都下の地価は一直線に上昇してきました。
特に都心では、北の青山、赤坂から麻布、広尾を経て、南の白金・高輪、代官山・松濤に至るエリアは、民主党政権時代はボリュームゾーンでだいたい平米単価100万円~150万円、ちょっと場所のいいところで200万円というところだったのが、この5年で、200~300万円、場所によっては400万円というところまで上がってきてるので、ほぼ倍ですよね。高度成長期のようにインフレがあった時期でも、地価は10年でほぼ倍になるのが標準と言われていたので、この地価上昇のスピードはけっこう早いと言えるでしょう。
最近では、このエリアの外側に接している、中目黒や上原でもこれに近い価格まで迫っていて、さらに自由が丘から下北沢あたりもかなり上昇してきていました。

ところが、去年の前半はさらにその勢いに加速がついたように見えたものの、ここ半年くらいその上昇スピードが目に見えて落ちてきて、価格的には横ばいになっています。
原因としては、上がりすぎと需要一巡による実需の減退、中国人を中心とする外国資金流入の減少、そしてアパートブームの終焉などが挙げられるかと思います。

実需については、住宅地の場合そんなにドカドカしょっちゅう住み替えは発生しないので、逆にここ数年のように金融資産の含み益が不動産に転換されることが集中したほうが珍しいのかもしれません。
外国資金はやはり中国がお金の持ち出し規制に乗り出したのが大きいように思います。当初は影響は大したことないという意見もあったようですが、抜け穴を抜けられるような人はそう多くないんでしょう。
そしてアパートブームですが、相続税対策で大変な盛り上がりだったのが、そろそろトラブル事例もいろいろ報じられるようになって熱が冷めてきたのと、いわゆるサラリーマン大家さんを中心とするレバレッジを効かせすぎた案件への融資の監視が強まっていることで、かなり落ち着いてきているようです。

ここから再度上昇するのか、一時的に調整が入るのかはわかりませんが、「結婚20年以上の夫婦間での居住住居の贈与・遺贈は相続税対象に含めない」という税制改正が検討されているという情報もあり、都心部住宅地では特にこの相続絡みで出てくる物件割合も多いだけに、今後の需給の引き締まりにつながる可能性はあるかもしれませんね。
そんな感じで、ここしばらく都心での土地投資には注意が必要になりそうです。


このページのトップヘ